神社で行う結婚式

神社で行う結婚式を紹介しています
未分類

神社で行う結婚式

日本の歴史が色濃く光る神社での結婚式を「神前式」と呼ぶ場合が多いようです。三三九度や玉串奉奠などの儀式が行われたり、雅楽や和装などの日本に古くから伝わる伝統と美しさを感じることができる式になります。また、現在は、ホテルや結婚式場の中にも神社があり、神社での本格的な式がオシャレな式場で挙げられるようになってきています。

この神社で行う結婚式場の歴史は、どのようなものなのでしょうか。現在のような神社で行う結婚式が表立ったのは、1900年くらいに遡る話になります。大正天皇のご成婚が決め手になったようです。そして、第二次世界大戦後の時代に、日本全国で広く神社で行う神前式が流行になりました。神前式が流行する前には、新郎の自宅に親戚が集まったり、床の間にある神棚の前で結婚の儀式を行っていたようです。現在は、神前式の他にも教会のチャペルで行う結婚式も人気になっています。

では、日本の伝統派スタイルの神前式は、どのような結婚式なのでしょうか。神社で行う神前式は、古くさいと思われがちですが、逆に新鮮であり、魅力的であり、人気が高まってきています。従来の、神社で行う結婚式場は、古臭かったり、和装を着なくてはいけなかったり、親族しか招くことができなかったりするため、距離を置かれがちな式でした。しかし、現在では、かわいい和装が多くなってきたことや、広い会場の神社などでは親族だけでなく友人や知人の来席も可能になっており、ブームになりつつなります。さらに、結婚式場やホテルにも神社が併設されている所もあり,その神社で式を挙げる人も多くなっています。式場やホテルの神社は、きれいで参列者への工夫もなされているため、式を挙げる当人と参列する人にも優しい配慮がなされているようです。